英語で一発逆転!!

英語を戦略的に活用することでビジネスや就職、学校で大きな成果をあげる方法をシェアします。

ダイレクト・レスポンス・マーケティングって何?

2016/06/14

ダイレクト・レスポンス・マーケティングとは、個人でできる最も強力なマーケティング活動です。

上手な人ならば、一人で一億から二億円を年収で稼ぐことができます。

国内でそれくらいの年収をあげることができるのですから、人口が多い英語圏を相手にすると、3〜4億円の収入をあげることもできる様になります。

もちろん、企業がチームを組んでこれをやれば、数十億円単位の売り上げをだすことが可能です。

国内外で有名なDRMマーケター・コピーライター

欧米市場で有名なDRMマーケターには

・Bob Bly
・Yanik Silver
・Seth Godin
・Dan Kennedy
・Jay Abraham
・Perry Marshall

・・・が存在します。

彼らは1日2〜3時間働いてe-mailを発信するだけで年収3〜4億円稼いでいます。

日本で有名なのは、
・和佐大輔さん、
・神田昌典さん、
・川島和正さん、
・与沢翼さん
・・・と、
中には評判が悪い人もおられます。

DRMの起源

そもそもDRMは人を幸せにする為に生まれたマーケティング手法です。

これは、アメリカにMontgomery Wardという小売店があるのですが、その創始者Aaron Montgomery Ward氏により考案されました。

アーロン・モンゴメリワード

150年近く前の話ですが、当時アメリカは流通網が今の様に整備されておらず、多くの中間業者が存在することでどうしてもコストが高くなってしまいがちでした。 そして国土が広いものですから、常時商品が必要な時に商品が手に入らないという問題がありました。

もしメールオーダーで好きな時に必要な商品を注文することができれば、そして、お客様と直接やりとりすることができればコストも安くなるし・・・といった理由で発達したのがDRMなのです。

そして、DRMは150年の間に進化を遂げました。

進化したDRM

今、最も良く使われているDRMの手法はメールマガジンです。

(PatagoniaやLL.Beanそしてニッセンの様に印刷されたカタログを使う企業もたくさんあります。)

自社商品に興味があるお客様にメールアドレスや個人情報を登録頂き、メールマガジンを発信するのです。

そして、このメールマガジンの仕組みを使って他者商品を販売して儲けることができるのがアフィリエイト・マーケティングと言います。

他の企業の商品をメールマガジン読者に紹介し、購入して頂ければいくらかのキックバックが紹介者に入るというのがこの仕組みです。

これも、上手な人ならば年収数億円を達成することができます。

DRMはどういう点で優れているか

例えば、しつこい店員にあれこれ勧められて、購入意欲がなくなったという経験があなたもありませんか?

人は売り込みをされるとストレスがたまり、拒絶してしまうのです。

ストレスなく気持ち良く購入して頂くことができるのがDRMの利点です。

DRMを実現する3つのステップ

1. 集客

2. 教育

3. 販売

・・・の3つです。

1. 集客

見込み客を集める作業をさします。

顧客リストを収集するとも言います。

2. 教育

お客様と信頼関係を構築する為に、ありとあらゆる役立つ情報を提供します。

ここで共感を得られれば、商品の販促につなげることができます。

誰だって好きな人から物を買いたいですからね。

3. 販売

信頼関係を築いた見込み客に商品を紹介する行為が販売です。

販売とは見込み客と見込み客が必要とする商品を橋渡しすることです。

・・・実に単純なコンセプトですよね?

この3つがDRMの本質を実現するための手段です。

あなたが収益をあげる為にはこの3つの総合力を高めることが大切です。

この3つすべてを極めた時に、あなたが得る収入が頂点に達するわけですが、このブログでは、

・どうすればこの3つを高めることができるか?

・どういった仕組みを作るのが良いか(これは事業により変わります。)?

・どういったツールを使えば良いか・・・?

などを解説します。

DRMにご興味がお有りでしたら是非このブログを又、ご覧になってくださいね。

 

本記事、弊社サービスに関するご質問・ご依頼は下のフォームからお気軽にお問い合わせ願います。 価格表はこちらです。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ウェブサイト

メッセージ本文

株式会社オフィース・Ichijo

〒107-0061
東京都港区北青山3-6-7
青山パラシオタワー 11階

Tel.: (03)5778-5944
E-mail: e-mail address
HP: http://www.eibun-copywriter.com
  bottom button

-海外マーケティング, ダイレクト・レスポンス・マーケティング