英語で一発逆転!!

英語を戦略的に活用することでビジネスや就職、学校で大きな成果をあげる方法をシェアします。

厚切りジェイソンに学ぶ効果的な5つの自己主張方法

2016/06/13

 

私は厚切りジェイソンという"人物"が大好きです。

(好きか嫌いを判断するのは個々の主観が入りますので、恐らくわたくしの考えに参道頂けない方はたくさんいらっしゃると思います。)

理由:外国で戦略的に独自の能力を用いて芸能界とビジネスの両方で成功している努力家だから。

母国で成功するのも大変なのに、異国で母国語と異なる言葉で成功するのって並大抵の努力じゃ済まない筈なのです。

 

ちなみに彼の芸風はあまり好きではありません。漢字を使って米国人がボケツッコミをするのは面白いと思いますが、キレ芸があまり好きでないのです。

 

さて、本題に戻りますが、あなたがもし外国人相手に自己主張を成功させるには 厚切りジェイソンが取り入れている方法を模倣するのが良いやり方だと思います。

是非彼のやり方を学習してください。

厚切りジェイソンが自己主張がうまい5つの理由

1. アメリカ人である優位性を活かしている。

一般的に日本人は白人と英語にコンプレックスを持っています。

白人でアメリカ人の厚切りジェイソンさんは、ただ自分の意見を普通に言うだけで日本では主張が通りやすいのです。

また、一般的にアメリカ人は良く話しますし、自分の意見を言う様に幼い頃から教育を受けています。

厚切りジェイソンさんが無意識でやっているか戦略を練ってこれらの強みを活かしているかわかりませんが、自分が持つポテンシャルを活かす様に工夫することは大事です。

2. 日本の欠点を鋭く指摘している。

日本人は団体行動が好きですし、日本企業で物事に合意するのに時間をかけて根回しをすることも良くある話です。

スピード感溢れる決断で経営を進めるアメリカ人からすると日本企業の慣習はおかしくて、合理的ではありません。

そういった違いを指摘すると、一定数の人にありがたがられます。

つまり、彼の意見は少数で貴重なのです。

人と異なる斬新な見方をしてそれが正論ならば彼の様に評価されます。

(但し、私は厚切りジェイソンさんが何もかもアメリカ万歳で日本はダメ・・・みたいな言い方をされるので表現方法に改善の余地があると思っています。)

3. 発言が前向きでポジティブ。

私はアメリカから日本に9年ぶりに戻ってきたときに、日本人はなんて自己否定的なことを言うのだろう・・・?と感じました。

例えば、新入社員でせっかく株式会社デンソーに入れて頂いたのに同期の連中は まだ研修中なのに会社の欠点をあげつらい悪口のオンパレード・・・。

東京から就職のために名古屋に移ってきた子は、名古屋の悪口・・・。

 

たまたま自分のまわりにいた子にそういうのが多かっただけかも知れませんが、私はこれを毎日聞かされて気分が悪かったです。

ですから、人から支持を得るにはネガティブなことを言ってはだめなんです。

(2で欠点を指摘するのが良い・・・と書いたことからネガティブなことを言うのと何が違うかわからない・・・と思われる方もおられると思います。

欠点とは改善方法を明示することで良くなる可能性があるものを言います。

一方でネガティブなこととは、単に愚痴/不満でそれを言うことで何も好転しないことを指します。

これでスッキリして頂ければ幸いです。)

 

また、日本人は自己を謙遜するために、例えば、愚妻という言葉を使います。

しかし、愚妻って凄く失礼な言葉だと思いませんか?

自分がお嫁さんに不満を持っていても、人に紹介するのに愚妻なんて絶対に言いません。

こういう否定的な言葉って気分が悪くありませんか?

厚切りジェイソンさんは、「失敗したら成功するまでやりかたを変えて努力する」とか「やりたいと思えばやる」とか、とにかく前向きですよね?

主張を受け入れられるには前向きな発言が大切なのです。

4. 市場のニーズをうまく取り入れて気をつけて発言している。

厚切りジェイソンさんは、株式会社テラスカイのグローバルアライアンス部の部長さんです。

日本の製品をアメリカや世界に導入する旗振り役で市場分析がとても上手なのです。

そんな厚切りジェイソンさんがインタビューでグローバル展開の大変さを説明されています。

 

「同じサービスでも、日本と米国ではユーザーのニーズが違う。これは日本ではユーザー企業がIT部門を外注するケースが多いのに対し、米国では大きなIT部門を自社で持つユーザー企業が多いため。 彼らは技術力も高く、クラウド利用に関しても先進的だ。 一方、日本では“誰でも使える”という機能がポイントになることが多い」

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1506/05/news036_2.html より

 

同じ製品を導入するのでもアメリカと日本ではニーズが異なるのですね。

 

芸人としても当初はアメリカのStand up Comedyのスタイルを試して全く受けなかったから今のスタイルにたどり着いたそうです。

厚切りジェイソンさんはツイッターでフォロワーさんの人生相談に乗られていますが、サービス残業や厳しい上下関係など日本人が声に出して言えないことをズバズバ言っちゃう点なんかが日本人受けするのでしょうね。

日本にいる外国人のコメディアンは彼だけでは無いので彼が特別に流行るのは市場のニーズに合致した言動を取っているからだだと思います。

5. 心に残るけだし名言が多い。

厚切りジェイソンさんのtwitterでの人生相談から抜粋した名言の数々・・・。

「安定=幸せ・・・とは思わない。」

「ポイントは頑張らないことではなく、頑張る前に頭を使うことだ。 全力で頑張るは大前提。 ただ、賢く全力で頑張った人がかなり有利。」

「失敗は大したことないことだと気付くしかない。みんな失敗するよ。 恥ずかしくも何もない。当たり前だ。 失敗したらやりかたを変えてもう一回。失敗すれば成功に近づけているだけ」

「人生を変えたければ人の許可要らないよ」

「"やりたいことと違う"と言いながら目の前のことを適当にやってる人が後ろで積極的に計画し努力していない限りは一生適当に目の前のことをやってる」

・・・などなど。

 

マーフィの法則の様に、ユーモラス且つ心の琴線にふれる名言が多いです。

こういった名言は、他の人よりも多くの経験を積むことで発することが可能に思います。

 

さて、厚切りジェイソンさんの様に日本人のあなたが海外市場で上手に自己主張するにはどうすれば良いでしょうか?

1. あなたが日本人である優位性をうまく活かす。

2. ターゲット国の欠点を鋭く指摘してあげる。

3. 前向きな発言で鼓舞する。

4. 市場のニーズをうまく取り入れた上で発言する。

5. 心に残るけだし名言を用いて発言する。

・・・これらが実践できたら良いのです。
以下実践方法を解説します。

1. あなたが日本人である優位性をうまく活かすには?

海外で外国人がうまく生き残るにはその人の持つ国民性/特性を良く活かした戦略を練って行動を取ることが大切です。

もしあなたが今海外で苦労されているならば、あなたが日本人であることの優位性が何かを考えて、それをうまく活かす工夫/努力が必要です。

 

日本人が持つ優位性とは何でしょうか?

 

私はきめ細やかなサービスと気配りができることだと思います。

耐久性や性能の高い商品を開発できることも強みですし、日本は犯罪率が低く信用されやすいというのも利点です。

他にもたくさん優位な点があります。

大切なのは、あなたに合ったまたは、あなた独自の優位な点を見つけてアピールすることです。

2. ターゲット国の欠点を鋭く指摘するには?

これは何処の国の人もやります。

日本に来た外国人だと必ず、自分の国の良いところと日本の欠点を比較します。

弊社スタッフに東欧出身者がおりますが、その娘はいつも日本の教育水準の低さ、英語力の低さを嘆きます。

東欧だと、相当難しいカリキュラムを経ないと大学を卒業できないそうです。

こういった欠点を相手の国に見つけ出すと良いですね。

ただ、私は日本人がこれをやるには同時に奥ゆかしさもだして頂きたく思います。

単に欠点を指摘するだけでなく、どうすれば良くなるかを解説してあげるのです。

そういった付加価値をつけられれば異国で歓迎されます。

3. 前向きな発言で鼓舞するには?

自虐的な発言は海外で嫌われます。

先ずそれを止めましょう。

そして日本の文化では協調性が重んじられるのですが、これは時に人の思考力を奪います。

自分で判断ができる基準を持つ様になって頂くのが良いのですが、その為にはいつも目的意識を持って前向きにどういった行動をとれば良いかを意識する様になれれば良いのです。

 

私は日本人の芯の強さを信じています。

ひと昔前のなでしこジャパンが何度も危機に陥りながらも優勝できたのはこういった目的意識を持って、強い心で仲間を鼓舞することができたからです。

これは姿勢を見せることですので、英語が流暢に話せなくても大丈夫です。

 

あくまでもポジティブにそして相手を敬い発言する様に心がけましょう。

4. 市場のニーズをうまく取り入れた上で発言するには?

これは日本人ならば上手にできると思います。

和を乱さない協調性をもって行動・発言する様にこころがけましょう。

最大公約数的な発言ができれば良いのです。

 

但し、気をつけなければならない点があります。

それは、あなたが外国の方から日本人として何を求められているかを意識することの必要性です。

外国企業に勤めていれば、どうしてあなたがその会社に採用されたか?を意識してみるのも良いことですし、外国のコミュニティに所属している場合もあなたが求められていることを絶えず意識する様にしましょう。

 

世間が求めているものと違うものを提供すると残念ながらあなたの評価は高くなりません。

その為、求められているものを正確に理解できる様になることが必要です。

5. 心に残るけだし名言を用いて発言するには?

これについてはたくさんの本を読んで頂くことをお勧めします。

何と言っても、一般的な日本人の英語力は低いです。

 

それは、文法が弱い、発音ができないといった基礎的な能力の欠如だけでなく、海外の著書を原文で読んでいないものですから語彙力が不足しています。

 

単にTOEICや入学試験の勉強するだけではなく、欧米の文章力が高い作家が書いた著書を読んでボキャブラリーやフレーズに関する知識を習得することをお勧めします。

 

私がお勧めするものは、ベタですが、アーネスト・ヘミングウェイが書いた小説です。

 

他にお勧めするものは、リンクを貼っておきます。


・・・大切なのは自分に合った著書を見つけて読み続けることです。

厚切りジェイソンさんが異国の日本に溶け込んで成功したのは彼が正しいやり方で努力したからです。

あなたも、この記事で明示したやり方で努力し自身のお考えを主張することが出来る様になれば きっとこれまでよりもあなたの意見が尊重され感謝される様になることでしょう。

あなたの明るい未来を祈念してこの記事を締めくくらせて頂きたいと思います。

株式会社オフィース・Ichijo

〒107-0061
東京都港区北青山3-6-7
青山パラシオタワー 11階

Tel.: (03)5778-5944
E-mail: e-mail address
HP: http://www.eibun-copywriter.com

 

bottom button

本記事、弊社サービスに関するご質問・ご依頼は下のフォームからお気軽にお問い合わせ願います。 価格表はこちらです。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ウェブサイト

メッセージ本文

株式会社オフィース・Ichijo

〒107-0061
東京都港区北青山3-6-7
青山パラシオタワー 11階

Tel.: (03)5778-5944
E-mail: e-mail address
HP: http://www.eibun-copywriter.com
  bottom button

-英文コピーライター一條の考え方